「おにぎりつくろうin豊洲」PJ
こんにちは、豊洲こども食堂です!


今の子どもたちを「コロナ世代」とよぶそうですが、皆さん、コロナ休校で給食がない時は何を食べましたか?家になにも食べるものがない時、どうしましたか?

もし今度そういう時があったら、外に出ないで作ってみましょう。

自分で作って美味しい
NO.1「おにぎり」。おにぎりはお店やコンビニで買わなくても自分でできるんです。お米と炊飯器で御飯を炊いてみましょう。自分で冷凍しておいたパックの御飯をチンしてもいいですね。ご飯を炊いて、好きな具を入れて、にぎって、海苔でまけば完成。塩だけのおむすびも美味しいですよ。

豊洲こども食堂では本年度いっぱい食堂開催の代わりに、自分で御飯が整えられる子どもの育成事業に取り組みます。

「おにぎりつくろう
in豊洲」は、ウェスレー財団の助成により開催いたします。
ウエスレートップページ

ウェスレー財団は、2010年に財団法人を立ち上げ、キリストの博愛精神を基盤に教育や慈善などの公益活動を行っています。活動の3つのミッションは、女性のエンパワーメント、青少年の育成、人道支援(貧困、難民、被災など)是非一度hpをご覧ください。

ウエスレーロゴ


話をもどして「おにぎりつくろうin豊洲」PJ まずはキャラクターコンテストを開催します。

夏休み前に配布する応募用紙に、自分で考えたキャラクターの絵と、学校、学年、クラス、名前、住所、電話番号を書いて応募してください。豊洲内各所に設置する専用ポスト、またはメールで応募してください。素敵なキャラクターを書いてくれた先着100名に
「おにぎりつくろうキット」お米2キロ、海苔、ふりかけ、オリジナルエコバッグ、おやつetc)をプレゼントします。優秀作品には賞状と副賞は全国で使えるクオカードを謹呈します。

さらさらに、「おにぎり作ろうキット」で、おにぎりを作った感想を書いてくれた子には、豊洲こども食堂の「お米バンク」から、「おかわり米(お米2キロ)」をさらにプレゼントします。お米は全て2020年度の新米です!

「おかわり米」は、感想の他、オリジナルレシピ、発見等、なんでもOK。おにぎりをたくさん作って、たくさん食べて、大きくなってください。詳細は準備整い次第発表します。まずはどんなキャラクターを書こうか考えておいてくださいね。


※内容は予告なく変更になる場合があります。ご了承下さい。

斬新でオリジナルなキャラを期待します。最優秀作品は、豊洲こども食堂のアイコンやオリジナルグッズに採用します。もちろんオリジナルグッズはもちろんプレゼント!お楽しみに!!

キャラクター例、こちらはプロの方の作品「オニ・ギリー」パンチがきいていますね!

オニギリー

こんなほのぼの系もかわいい!
おにぎりイラスト

夏休み明けの日開催「命の食堂」のパンフはおにぎりマークです。(毎年開催しています)

IMG_4394


どんな作品が集まるか、スタッフ一同本当に楽しみです。


たくさんのご参加をお待ちしております

\(^o^)/


豊洲こども食堂ネットワーク  
toyosu,kodomoshokudou@gmail.com
〒135-0061

東京都江東区豊洲4-5

050-3556-9079

Blog:http://toyosukodomoshokudou.blog.jp/

Twitter:https://twitter.com/toyosukodomo

instaglam: @toyosukodmo
LINE: @186zdpbe☟


FullSizeRender