武蔵野大学 学生団体サークルConnnect さま主催、「ロハスde子ども食堂」にお邪魔してきました。武蔵野大学有明キャンパスは豊洲からバスで約20分、自転車でも行ける距離にあります。


SKM_C224e17110818460

Connect は、武蔵野大学の学生によるボランティアサークルで、国際的なボランティア団体でもある「キワニスクラブ」の大学生部門「サークルK」に加入されているそうです。

単独大学規模としては国内初。貴重な学生生活で奉仕の精神に根差した活動をされるとは、素晴らしいです。

武蔵野大学connnect

武蔵野大学Connnect 主催こども食堂、参加者の大人は見守るだけ。子どもだけで調理、食事、片付け。学生の方が補助をしますが、野菜を切ったり炒めて煮込んだり。サークルの名入りのエプロンをした子供たちが、カレーのできあがるのをワクワクとみつめていました。



カレーを食べた後はスイーツのお楽しみ。あらかじめカットしてあるケーキに思い思いにデコレーションしていきます。調子に乗りすぎてクリームを山盛りにしてしまう子どもや、あとから足しにくる子。みんなでうれしそうに作って、食べて、歓談。



本当に楽しい会となりました。武蔵野大学Connnect さま、ありがとうございました。



当日はキワニスクラブ日本支部の方も何人かいらして、様々なお話を伺えました。

また、キワニスクラブの方に伺った「キワニスドール」の話に感銘を受けました。キワニスドール詳細はリンクを貼りましたので、ご興味がありましたらご一読ください。

今回会場となったのは、武蔵野大学有明キャンパス内にある、「ロハスカフェARIAKE」。店内にはミニ図書館や書籍の販売などもあり、学生以外の方も利用できる地域のオアシスとなっています。