「未来食堂」をご存知でしょうか。独身時代に愛読していた日経ウーマン、最近はすっかりご無沙汰ですが、今でもウーマンオブザイヤーは楽しみにしています。

昨年のウーマンオブザイヤーに選ばれたのが、「未来食堂」の小林せかいさん。食堂に一度行ってみたいと思っていて、やっとお邪魔できました。


このお店のシステムが素晴らしく、ランチは一種類のみ、席に座るとすぐに定食のセットが出てきます。ご飯はおひつに入っているのを自分でよそい、もちろんお代わりOK。食事が終わると小さな甘味まで。冷たいお茶がポットにたっぷり。


平日ランチで7回転することもあるそうです。

店内で書籍販売していたので、二冊とも購入しました。一冊買うと食事券が一枚、二冊買うと三枚ついてきましたので、早速使わせていただきました。


システムだけでなく、コンセプトも夢があります。食堂のお手伝いを50分すると食事券が貰えますが、それを置いてくることができます。自分で食べてもいいのですが、それを誰かが使うこともできます。目に見える pay forward でしょうか。

キーワードは「まかない」「ただめし」「あつらえ」などなど、開いた言葉に優しみがあります。「あつらえ」は夜のみだそうで、晩ご飯でも一度お邪魔してみたいですね。

食事も丁寧に誂え(しつらえ)てあり、豊洲こども食堂としても、個人的にも、学び多い機会を頂きました。何もかもがとても美味しかったです。

未来食堂のHPはこちら。

神保町駅からすぐのビル地下B1にあります。